HOME > イベント情報 > 名曲サロン シリーズ > 2021.6.10 名曲サロンVol.27 ピアノ四重奏の魅力 〜ドホナーニの世界から〜

2021.6.10 名曲サロンVol.27 ピアノ四重奏の魅力 〜ドホナーニの世界から〜

新型コロナウィルスの感染拡大状況によって公演が中止になる場合がござい ます。

最新情報につきましては、 ホームページ、もしくはさくらプラザにお問い合わせください。

チラシはこちら

 

名曲サロン Vol.27

ピアノ四重奏の魅力

〜ドホナーニの世界から〜


2021.6/10[木] 14:00開演(13:30開場)

 

出演

蛯名桃子(ヴァイオリン)、川村凜子(ヴィオラ)

石井沙和子(チェロ)、鈴木啓資(ピアノ)

 

戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール

 

−どこかできっと耳にしたことのある馴染み深い名曲を…−

若手演奏家によるクラシックコンサート。

毎回、演奏家自身による曲目解説とともに楽しい時間をお贈りします。


Vol.27はピアノ四重奏。

ハンガリー出身の作曲家ドホナーニを中心とした作品を

フレッシュでエネルギッシュな演奏でお届けいたします。

ドホナーニ直系の流れを汲む日本人唯一のドホナーニ研究者 鈴木啓資による濃密な60分!!


ドホナーニ・エルネー(1877〜1960)/ハンガリー人の作曲家・ピアニスト・指揮者  

公演によせて

今回の名曲サロンは、モーツァルトとドホナーニの2本立てでお届けします。

トークでは、2人の作曲家の関係など、様々な視点からお話をしていきたいと思います。

ほとんど演奏されることがないドホナーニのピアノ四重奏曲ではありますが、

ドホナーニ直系の流れを汲む日本人唯一のドホナーニ研究者として、自信を持っておすすめできるロマン溢れる1曲です。

モーツァルトとドホナーニの世界を一緒に楽しみましょう!

 
鈴木啓資

プロフィール

 


蛯名桃子  Momoko Ebina(ヴァイオリン) 

 

神奈川県出身。 洗足学園高校音楽科を経て、洗足学園音楽大学を首席で卒業。及び洗足学園音楽大学大学院修士課程修了。 第18回長江杯国際音楽コンクール第2位、第9回横浜国際音楽コンクール第4位、第21回日本クラシック音楽コンクール入選、洗足学園ジュニアコンクール奨励賞。横浜新人演奏会合格。在学中、洗足学園特別選抜演奏者に認定。及び前田記念奨学金、前田音楽奨励賞授与。学内の数多くの演奏会でコンサートミストレスを務める。洗足学園音楽大学管弦楽団第65回特別定期演奏会にて山下一史指揮の下ヴァイオリン協奏曲を演奏。 これまでにヴァイオリンを物集女純子、尾崎直子、小林すぎ野、三浦章宏、水野佐知香の各氏に師事。室内楽を須田祥子、井野邉大輔、木越洋、大野かおる、安永徹、市野あゆみの各氏に師事。オレグ・クリサ氏、ナムユン・キム氏など多数の公開レッスンを受講。 洗足学園演奏補助要員。洗足学園小学校音楽非常勤講師助手。フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手。鶴見区文化ホール「サルビアアーティストバンク」登録アーティスト。横浜音楽文化協会会員。ソロ、室内楽、オーケストラ、など幅広く活動する他、後進の指導にもあたる。 

 

 

川村凜子  Rinko Kawamura (ヴィオラ)

 

神奈川県出身。洗足学園高等学校音楽科を経て、洗足学園音楽大学音楽学部弦楽器コース卒業。5歳よりヴァイオリンを、大学在学中よりヴィオラを始め、大学卒業後本格的にヴィオラに転向。

第23回日本クラシック音楽コンクール入選。第27回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査員賞。第61回東京国際芸術協会新人オーディション準合格、同新人演奏会出演。これまでにヴァイオリンを山下美也子、小林すぎ野、川田知子、安永徹の各氏に、ヴィオラを須田祥子氏、室内楽を安藤裕子、物集女純子、井野邉大輔、須田祥子、安永徹、市野あゆみの各氏に師事。また、ヴィルフリード・シュトレーレ、池田菊衛、バルトークカルテット、クリストフ・ヘンケル、森トリオ、ジャン=ジャック・バレ等のマスタークラスを受講。飛騨室内楽セミナー2016に参加。2016〜2019年度、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラに在籍し、首席を多数務める。現在、室内楽、オーケストラを中心に幅広く演奏活動を行なっている。洗足学園音楽大学演奏補助要員。

 

 

石井沙和子  Sawako Ishii (チェロ)

 

桐朋学園大学卒業。同大学研究科修了。

チェロを北本秀樹氏に師事。第9回洗足ジュニア音楽コンクール弦楽器部門中学生の部奨励賞。第23回日本クラシック音楽コンクール大学生の部第4位入賞。2012年オホーツク紋別音楽セミナーにて苅田雅治氏、2014年ザ・チェコトリオのメンバーであるミラストロ・ペトラーシュ氏、2016年ルドヴィート・カンタ氏、同年にウィーンフィル主席奏者のタマーシュ・ヴァルガ氏の公開レッスンを受講。現在フリーでオーケストラ、室内楽を中心に演奏活動をする傍ら、チェロ講師として後進の指導にもあたっている。 洗足学園音楽大学演奏補助要員、フェリス女学院大学非常勤副手。

 


鈴木啓資  Keishi Suzuki (ピアノ)

 

静岡県島田市出身。静岡県立藤枝東高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。在学中に短期留学奨学金を得て、フィンランドのシベリウス音楽院に留学。ハンガリー政府Stipendium Hungaricum奨学生として、ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学大学院ピアノ科を首席修了し、帰国後は東京音楽大学大学院博士後期課程にて村上隆、川上昌裕、ファルカシュ・ガーボル、村田千尋の各氏のもとで研鑽を積み、博士号(DMA)を取得。博士論文では、ドホナーニのピアノ教育作品とピアノ独奏曲全曲を題材とし、ドホナーニ直系の流れを汲む日本人唯一のドホナーニ研究者として知られている。2017 年、リストの世界的権威、レスリー・ハワード氏が審査委員長を務めるリスト協会国際ピアノコンクール(イギリス)にて優勝。2019年にはドイツのシリングスフュルスト城にて開催されたLiszt Festivalに招待され演奏。その功績をたたえ、メダルを授与された。その他、ピアノデュオや指揮でも高い評価を受けている。現在、ピアノ、アンサンブル、指揮、研究および執筆と様々な活動を続ける傍ら、後進の指導にも当たっている。甲斐清和高等学校音楽科、埼玉県立松伏高等学校音楽科、各非常勤講師。平成30 年度島田市芸術文化奨励賞を史上最年少で受賞。

 

鈴木啓資さん

音楽之友社『ムジカノーヴァ』2021年4〜6月号にて、『ドホナーニの作品世界へようこそ』連載中!

ドホナーニ作品の中で例外的に易しい作品を選んで楽譜を掲載。鈴木啓資さんが解説と演奏法を担当し、その作品世界への扉を開きます。

曲目

モーツァルト:ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 K.478
ドホナーニ:ピアノ四重奏曲 嬰ヘ短調
 
※曲順・曲目は予告なく変更となる場合がございます。

日程

2021年6月10日(木)

14:00開演(13:30開場) ※約60分・休憩なし

会場

戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール

料金

全席指定 一般 1,000円

 

※未就学児入場不可

※車椅子席をお求めの際はチケットご予約時にお知らせ下さい。

※感染症対策のため定員を客席の50%といたします。

※2枚以上予約された場合も、ソーシャルディスタンスをとった座席配置といたします。

※予定販売枚数に達し次第、販売を終了します。あらかじめご了承ください。

※チケットご購入後の交換・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。

※曲順・曲目は予告なく変更となる場合がございます。

チケット電話予約開始日

2021年4月18日(日)14:00〜 電話予約開始

※窓口での受付は翌日9:00〜

※今後の感染症の状況により変更になる場合がございます。

新型コロナウィルスに関する感染対策とお願い

◆下記症状のある方はご来場をご遠慮ください。

・発熱、咳、くしゃみ、喉の痛みなどの風邪症状のある方

・37.5度以上の発熱がある方、および発熱が数日間続いている方

・だるさや息苦しさがある方

※基礎疾患(糖尿病・心不全・呼吸器疾患等)をお持ちの方は、医師の判断や、関係機関の情報をご確認の上、慎重なご判断をお願いいたします。

◆ご来場の際に検温を実施いたします。37.5度以上の発熱がある方は入場をお断りする場合がございます。

◆必ずマスクの着用をお願いいたします。また、手指消毒や手洗いにご協力ください。

◆館内ではなるべく「密閉」「密集」「密接」の3つの密を避け、ソーシャルディスタンスを保つようお願いいたします。

◆ご歓談・咳・くしゃみなどのエチケットにご協力をお願いいたします。

◆不特定多数の接触を避けるため、開場時間よりも前のご来館はご遠慮ください。

   また、開場時、休憩時はお化粧室のご利用などを除き、なるべくご自席でお過ごしいただくようお願いいたします。

◆サイン会の実施、出演者とのご面会は実施いたしません。

◆本公演に関わる全てのスタッフ・関係者につきましては、検温を実施し、体調に不安のある者は職務につきません。

   また、職務に就く際にはマスクの着用をいたします。ご了承ください。

後援

後援:株式会社 音楽之友社

   駐日ハンガリー大使館・ハンガリー文化センター

主催・お問い合わせ

戸塚区民文化センターさくらプラザ 045-866-2501

戸塚区民文化センター さくらプラザ