HOME > トピックス一覧 > 【重要】新規利用予約再開のお知らせ及び緊急事態宣言解除に伴う施設利用に際して (2021.9.30更新)

【重要】新規利用予約再開のお知らせ及び緊急事態宣言解除に伴う施設利用に際して (2021.9.30更新)

いつもさくらプラザをご利用いただき誠にありがとうございます。

 

*************************************************

 新規利用予約再開のお知らせ

************************************************* 

長らくの間、新規利用予約および抽選申込の受付を停止していましたが、

新規利用予約を再開いたします。

ただし、10月24日(日)までの21時をまたぐ新規利用予約の受付は引き続き停止します。

 
【対象枠】

リハーサル室・練習室:10月15日から12月31日の利用可能枠

ホール・ギャラリー:11月5日から2022年3月31日の利用可能枠


【受付開始日時】

横浜市市民利用施設予約システム  10月8日(金)10時より

窓口での直接予約         10月8日(金)14時より

※10月12日(火)は休館日です。ご注意ください。

 

空き状況については10月8日(金)10時以降にお問合せいただくか、

予約システムをご確認ください。

また、再開当初は窓口が大変混雑する恐れがございます。

極力予約システムをご利用くださいませ。

(利用者番号・パスワードでログインできるかどうか、事前にお試しいただくようお願いいたします。)

 

※10月抽選分については、通常どおり10月1日より予約システムでお申込いただけます。

 
■横浜市市民利用施設予約システム ホームページ

https://yoyaku.city.yokohama.lg.jp/ys/

 

■「利用予定書」「本番打ち合わせ表」事前準備のお願い (10月4日 追記)

窓口での申請時(支払時)に記入いただく下記書類につきまして、

事前にダウンロード・ご記入の上ご持参いただきますと、お手続きがスムーズです。

ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

【ホール】

・ホール利用予定書

・記入見本

 

【ギャラリー】

・ギャラリー利用予定書

・記入見本

 

【リハーサル室・練習室 本番利用】

・リハーサル室・練習室 本番打ち合わせ表

・記入見本

 

【リハーサル室・練習室 窓口直接予約】 

※申請時の空き状況により予約が可能です。またその場で施設料金をお支払いただきます。 

・リハーサル室・練習室 利用予定書

・記入見本

 

 

*************************************************

 緊急事態宣言解除に伴う施設利用に際して

************************************************* 

 

 9月29日に発令された政府からの緊急事態宣言解除に伴う施設の対応につきましてお知らせいたします。

 

※9月29日 改訂版が発行されました。

「横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(令和3年9月29日改訂版)」

 に基づき、施設の貸出をいたします。

 

[適用期間]2021年10月1日(金)から2021年10月24日(日)

  上記期間の利用については21時をまたぐ枠はご予約いただけません。

 

◆既に利用申請をいただいている皆様へ

 ・上記期間は利用時間が21時までとなるようご協力をお願いいたします。

 

◆利用料金返金について

【対象利用期間】2021年10月1日〜24日まで 

時間短縮を理由に予約済の21時をまたぐ利用をキャンセルされる場合は

該当コマのみ利用料金を全額ご返金いたします。

※9月28日以降に利用申し込みを取り消した場合のみ適用となります。

 

必ず「利用許可書」をご持参の上、窓口でお手続きください。

領収書を発行している場合は併せてご持参ください。

 ※上記以外は通常のキャンセルポリシーで対応いたします。

  利用制限をご理解いただいた上でお支払いください。

 
 ◆定員について

・上記期間中は、人数上限は収容率の50%以内としてください。

 ただし、来場者がステージ上を除く客席または各室において、

 大声での歓声、声援等を発し、または歌唱する恐れのないものについては、

 定員の100%以内での実施が可能となります。 

 ※定員を50%を超えて100%以内とする場合はガイドラインに加え

  「緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置終了後の1都1道2府23県における催物の開催制限、施設の使用制限に係る留意事項について」

  で示されたイベント開催時の必要な感染防止策を講じるものとする。

 

既予約については、上記制限での利用となるよう検討のうえ、やむを得ない場合は、予定時の計画通り実施が可能です。


★★★★★★合唱利用につきまして★★★★★★

・室内にて大声、または歌唱を伴う場合、同時に入室可能な人数は定員の半数までです。

・合唱を行う際は、使用する部屋や練習・本番等の利用実態にかかわらず、マスク着用時は前後1m

 左右50cm、マスク未着用時は前後2m左右1mの人と人との距離を確保してください。

・連続した練習時間は30分以内とし、5分以上の換気を行ってください。(本番利用は除外)

・団員どうしは対面にならないよう並び方を工夫してください。

・団員の並びは千鳥配置としてください。

・マスク着用の指導者・伴奏者と団員が向かい合う場合は、距離を2m以上開けてください。

・マスク未着用で団員に向かって大声で発声・歌唱を行う場合は、団員との間にさらに一定の間隔

 (4m)を確保してください。

・マスクを着用しないで合唱する場合、座っている人と立っている人が混在しない(山台利用等による

 高低差を作らない)ようにしてください。

 

※ホールにおいては舞台サイズによる制限がございます。11名以上で合唱利用をご希望の際は事前にお問い合わせください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  

【ホール】 ホールのガイドラインはこちら

 

・入場者数の上限 定員の2分の1以内

 ※前列2列は使用不可および前後左右をあけた千鳥配席のため206名以下。(公演内容や舞台レイアウトにより変更有り)

 ※異なるグループ間では座席を1席空け、同一グループ(5人以内に限る)内では座席間隔を設けなくともよい。 

 

 ただし、来場者がステージ上を除く客席、楽屋及びホワイエ等において大声での歓声、声援等を発し、又は歌唱する

 恐れのないものについては、規定の定員までです。

・入場者数の上限を規定の定員とする場合は本ガイドラインに加え、内閣官房(新型コロナウイルス感染症対策推進室)による

 「緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置終了後の1都1道2府23県における催物の開催制限、施設の使用制限に係る留意事項について」

 で示されたイベント開催制限の緩和に伴うリスクを軽減するための措置を講じてください。

 (詳しくはスタッフにご相談ください。)

 

 【現在の座席表はこちら】

 

・舞台上の最大人数目安 10名

 

・大声での発声、歌唱、呼気が激しくなるような運動が想定される利用の場合は、

 利用者同士の間隔を十分に確保してください。

・楽屋の人数は以下を上限としてご利用ください。また、適宜ドアや窓を開けるなど換気を行ってください。

 楽屋1:4名、楽屋2:9名、楽屋3:12名、楽屋4:15名

 

※向かい合っての大声での発声、歌唱は原則できません。

 やむを得ない場合はマスクに加えフェイスシールド等の対策をお願いいたします。

※管楽器の演奏等については、飛沫拡散等に注意いただきご利用ください。

※利⽤前後や休憩中は、マスク着⽤などの咳エチケットに配慮してください。

※ステージ上については、原則ソーシャルディスタンスをおとりいただきます。

 併せて下記業種別ガイドラインもご参照ください。

 

■内閣官房が示す業種別ガイドラインに掲載されているもの(最新情報はご自身にてご確認ください)

 

全国公立文化施設協会

 「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

 

全国興行生活衛生同業組合連合会

 「演芸場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

 

一般社団法人コンサートプロモーターズ協会他

 「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」(無観客公演関係)

  音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」(有観客公演)

 

クラシック音楽公演運営推進協議会

 「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

 

緊急事態舞台芸術ネットワーク

 「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

 

■全国的組織が発行しているガイドライン

 

能楽協会

 「能楽堂における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

 

新国立劇場

 「新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

 

 一般社団法人全日本合唱連盟

 「合唱活動における新型コロナ感染症拡大防止のガイドライン」

 

公益社団法人日本バレエ協会

 「バレエ教室における新型コロナ感染症拡大予防ガイドライン」

 

 

【ギャラリー】ギャラリーのガイドラインはこちら

 

・来場者が、室内で大声での歓声、声援等を発し、又は歌唱することが想定される場合、

 または、内閣官房(新型コロナウイルス感染症対策推進室)による

 「緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置終了後の1都1道2府23県における催物の開催制限、施設の使用制限に係る留意事項について」

 で示されたイベント開催制限の緩和に伴うリスクを軽減するための措置を講ずることが

 難しい場合は収容率50%以内としてください。

 (AB両面ご利用の場合、同時に入室いただける人数は 目安として最大50名程度)

・大人数での来館を制限してください。

 

 

【リハーサル室・練習室】 リハーサル室・練習室のガイドラインはこちら

※本番利用の場合はホールガイドラインをご参照ください。

 

・入場者数の上限(収容人数の2分の1以内)

 リハーサル室 30名

 練習室1 10名

 練習室2 5名

 練習室3 5名

 練習室4 12名

・ただし、室内にて大声での発声、又は歌唱を伴わないものについては、規定の定員までです。

・利用者数の上限を2分の1を超えて利用する場合は本ガイドラインに加え、

 内閣官房(新型コロナウイルス感染症対策推進室)による

「緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置終了後の1都1道2府23県における催物の開催制限、施設の使用制限に係る留意事項について」

 で示されたイベント開催制限の緩和に伴うリスクを軽減するための措置を講じてください。

・管楽器の演奏等については、定員を50%を超えて100%以内とする場合は、楽器用マスクや遮蔽板を

 設置する等の飛沫拡散対策を行ってください。

 (詳しくはスタッフにご相談ください。)

・管楽器の演奏等については、唾受けを使用するなど、飛沫拡散等に注意した利用をお願いいたします。

 唾受けを使用した際は必ずお持ち帰りください。

・施設ご利用前に、各室入口備え付けの設備にて手指を消毒の上、利用者全員を検温いただき、

 体調管理表の提出をお願いいたします。

・大声での発声、歌唱は適切な距離をとり、向かい合わないよう並び方を工夫してください。

1時間に5分程度、ドアを開けて換気を行ってください。

利用にあたっては対面は極力避け、出演者及び利用者同士の間隔を最低1m確保してください。

 なお、連続した合唱練習時間は30分以内とし、5分以上の換気を行ってください。

 

※向かい合っての大声での発声、歌唱は原則できません。

 やむを得ない場合はマスクに加えフェイスシールド等の対策をお願いいたします。

※利⽤前後や休憩中は、マスク着⽤などの咳エチケットに配慮してください。

 

 

◆安全管理について

@施設全体

 ・受付、楽屋口に手指消毒用のアルコール消毒液を設置いたします。

 ・受付窓口にビニールカーテンを設置し飛沫感染を防止いたします。

 ・定期的な換気・館内消毒の実施をいたします。

 ・密集を避けるため、現在待機スペースはございません。

 

A職員

 ・職員は原則マスクを着用いたします。

 ・手洗い、消毒の励行をいたします。

 ・毎朝検温、手指消毒・体調管理を徹底いたします。(体調不良の場合は出勤を控えます)

 

B来場者

 ・発熱、体調不良の場合は来館をお控えください。

 ・マスク着用、手洗い、消毒の励行をお願いいたします。

 

C主催者

 ・利用の際は安全管理チェックリストにサインしていただきます。

 ・来場者名簿の作成、保管をお願いいたします。(必要に応じ、保健所等 公的機関へ提出の可能性がございます)

 ・出演者も舞台上は十分な距離を確保してください。

 ・入場待機列を作る場合は1〜2m間隔を開けて並んでいただくようお願いいたします。

 ・アルコール消毒液のご用意をお願いいたします。

 ・利用後の消毒のご協力をお願いいたします。※消毒用具はご用意ください。

 ・「新型コロナウイルス感染拡大防止のための施設利用上のお願い(利用承諾書)【10月1日改訂】」の遵守をお願いいたします。

 

※学生が主体となる催事の場合は、学校の許可をお取りください。

 許可書フォーマットはこちら

 

 

 ◆催事中止・延期のお知らせはこちら【随時更新】

  

なお、今後の最新情報につきましては当ページで随時更新いたします。

 

2021年9月30日 戸塚区民文化センターさくらプラザ

戸塚区民文化センター さくらプラザ