HOME > イベント情報 > 講座等・その他イベント情報 > 2019.1/11 アートマネジメント講座[ シンポジウム「ポスト東京2020と公共文化施設」

2019.1/11 アートマネジメント講座[ シンポジウム「ポスト東京2020と公共文化施設」

さくらプラザ アートマネジメント講座[

シンポジウム

「ポスト東京2018と公共文化施設」

 

2019.1/11 [火] 14:00〜16:00

 

チラシはこちら【表】【裏】

日程

2019年1月11日(金)14:00〜16:00(13:30 受付開始)


※閉会後、30分間程度パネリストと参加者の交流会を行います。(参加無料)

会場

 戸塚区民文化センターさくらプラザ・リハーサル室

定員

60名

料金

参加無料(事前申込優先/先着60名)

参加申込方法

2018年11月26日(月)14:00 より 受付開始

 

電話・メール・窓口いずれかの方法にて、

【参加者名】【所属】【連絡先】【交流会参加の可否】を お知らせください。

※空きがあれば当日のお申込もいただけます。

 

▶さくらプラザ TEL.045-866-2501(9:00〜21:00)

 休館日:12月11日(火)、12月23日(日)、12月29日(土)〜1月3日(木)、1月8日(火)

 17時閉館:12月28日(金)、1月4日(金)


メールはこちらへ

 ※申込開始日11月26日(月)14:00よりお送りいただけます。

タイムテーブル

14:00〜14:30《基調講演1》

劇作家・演出家・俳優・介護福祉士/「老いと演劇」OiBokkeShi主宰

菅原 直樹「介護と演劇」

 

14:30〜15:00《基調講演2》

株式会社ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室主任研究員/NPO法人アートNPOリンク理事

大澤 寅雄「アートと社会と文化施設の新しい関係」

 

15:05〜16:00《パネルディスカッション「ポスト東京2020と公共文化施設」》

○コーディネーター

 株式会社ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室主任研究員

 大澤 寅雄

 

○パネリスト

 劇作家・演出家・俳優・介護福祉士/「老いと演劇」OiBokkeShi主宰

 菅原 直樹

 

 空間創造研究所代表

 草加 叔也

 

 横浜市文化観光局文化振興課 施設担当課長(主任調査員)

 鬼木 和浩

 

16:00〜16:30 交流会(参加無料・希望者のみ)

 

*現在の予定です。多少変更になる場合がございます。

プロフィール

 
 

菅原 直樹 すがわら・なおき


劇作家、演出家、俳優、介護福祉士。「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。平田オリザが主宰する青年団に俳優として所属。小劇場を中心に、前田司郎、松井周、多田淳之介、柴幸男、神里雄大の作品などに出演する。2010年より特別養護老人ホームの介護職員として勤務。

2012年、東日本大震災を機に岡山県に移住。認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開。超高齢社会の課題を「演劇」というユニークな切り口でアプローチするその活動は、NHK『こころの時代』、「文藝春秋」等に取り上げられ、近年演劇、福祉のジャンルを超え多方面から注目を集める。

 

大澤 寅雄 おおさわ・とらお


(株)ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室主任研究員、NPO法人アートNPOリンク理事、NPO法人STスポット横浜監事、九州大学ソーシャルアートラボ・アドバイザー。

 

2003年 文化庁新進芸術家海外留学制度により、アメリカ・シアトル近郊で劇場運営の研修を行う。帰国後、NPO法人STスポット横浜の理事および事務局長を経て現職。

 

共著『これからのアートマネジメント"ソーシャル・シェア"への道』『文化からの復興 市民と震災といわきアリオスと』『文化政策の現在3文化政策の展望』『ソーシャルアートラボ 地域と社会をひらく』。

   草加 叔也 くさか・としや


劇場・音楽堂等を中心に基本構想・基本計画から施設整備、管理運営計画、改修計画などの策定に携わる。

「神奈川芸術劇場」「兵庫県立芸術文化センター」「ミューザ川崎シンフォニーホール」「彩の国さいたま芸術劇場(改修)」「東京芸術劇場(改修)」などに関わる傍ら、ピーター・ブルック、ピナ・バウシュなどの日本公演で技術監督などとしても活動。

 

1989年芸術家在外研修員(文化庁)として渡英。

現在、空間創造研究所(劇場計画コンサルタント)代表。東京芸術文化評議会・専門委員会委員(以上、東京都)、(公社)全国公立文化施設協会アドバイザーなどを務める。

 

鬼木 和浩 おにき・かずひろ


1988年 横浜市に入庁し港北区の文化振興を担当。その後、福祉、税務などの部署を経験した後、2004年4月から新設された文化芸術都市創造事業本部文化政策課、2006年4月から市民活力推進局文化振興課に配属。

 

「横浜市芸術文化教育プラットフォーム」設立、指定管理者選定、文化施設整備等を担当。

2009年4月から横浜市役所初の文化芸術の専門職員に就任。2013年3月から日本文化政策学会理事。共著『文化政策の現在第1巻文化政策の思想』(東京大学出版会、2018年)。

お問い合わせ

戸塚区民文化センターさくらプラザ TEL:045-866-2501(9:00〜21:00)

戸塚区民文化センター さくらプラザ